自由な発想が許されるフリーランスの道

ウエディングプランナーは、カップルが結婚式を挙げるサポートをしたり相談にのったり
し、実際に結婚式の準備や運営を代行するのが仕事となる。
その仕事の魅力は、カップルの理想を実現することによって一つの芸術作品を生み出すことができるという点である。
カップルは一生に一度の大舞台として様々な理想の形を考えているものであり、それを実現することは容易でない場合も稀ではない。
しかし、現実に行える形をうまく提案していき、多少無理があると考えられることも取り入れていくことによって、よりカップルの理想に近い結婚式の計画を作り上げていくことができる。そうやって作り上げられた結婚式は唯一無二のものであり、一つ一つの仕事が芸術作品として価値があるものになるのである。

フリーランスをしてウエディンプランナーとして仕事を行うことには、その魅力をより大きくできるというメリットがある。
それは、カップルが考える結婚式の実現にあたって自由度を高めることができるからである。通常のウエディングプランナーは、結婚式場や結婚式のプロデュース会社に専属しているため、その会場や会社の決まりの中でしか結婚式の内容を考えることができないという面がある。しかし、フリーランスであればそういった制約を受けずに結婚式のプランを立て始められる。
そのため、極論を言えば結婚式場を利用しない結婚式を行ったり、神前式やチャペル式以外の結婚式を行ったりすらできるのである。
このように、フリーランスのウエディングプランナーは、新郎新婦が願う理想のプランニングが可能な仕事であると言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です